MoaMoa Mommy*さいたま市のアロマセラピー*
セラピスト・講師・アロマ好きを応援します!さいたま市のアロマコンサルタントがつづるお仕事と日常
ピロリ菌に感染して…
こんにちは。さいたまのアロマセラピーコンサルティングサロンMoaMoa Mommy(モアモアマミー)です。


先週、11月に受けたさいたま市のがん検診の結果を聞きに行ってきました。

この年になると、検診結果を聞くのって、けっこうドキドキしますね。

胃がん、肺がん、大腸がん、いずれもセーフで、ほっと一安心。検診の少し前からかなり不調だった胃のほうは、「ストレスによる胃炎」だそうで。

0-77.jpg

なんのストレスがあったんでしょう?母の病気のことは、春にわかってからしばらく、かなりのストレスでしたが、最近は、小康状態を保っていることもあって、いまさら?って感じですし。

今は、自覚症状も時々、軽く、といったところです。

このとき、ついでにピロリ菌検査というのも受けてみたんですけど。日本人は約5000万人が感染しているとか。大人ベースで言えば、半分は感染してるってことですよねぇ。

で、結果・・・。

ピロリ菌に感染して・・・…いませんでした-\(^o^)/

これで、心おきなく年を越せそうです。

余談。

検査に行った病院は、じつは去年の夏頃、私がドクターインタビューでお話を聞いたところ。

自転車圏内で、設備も整っているし、先生も感じよかったので、初めて行ってみたのですが。

先生も、なんとなく私に見覚えが…的な雰囲気はあったのですが、(インタビューの時は、名刺交換もなく、一言名前を言って「よろしくお願いします」で、スタートするので、先生が名前を覚えているわけもなく)、何も触れられなかったので、私から「あのときの…」と告白したら、「ああ、そうか。そうか、そうか、それはどうも」。

検査や治療を受けるときは、当然、病院は先生にとってホーム、患者(私)にとってアウェー。先生がこちらをしっかりリードしてくれます。

でも、インタビューの時は、そういうのに慣れていない先生のほうが多いので、こちらが緊張する先生をリードし、お話を引き出していくわけで。同じ病院なのに、ホームとアウェー(立場)が逆転するんです。先生たち、意外とかわいらしかったり

検査をしてくれている時や、結果を伝えている時の先生は、確かに「先生」なんだけど、私の言葉を聞いた瞬間から、微妙に先生の雰囲気が変化しました。

先生は、先生という仕事をしている、先生を演じているんだなあ。なんて、思いました。

11月、検査に行った少し後のこと。娘が保険センターへ休日診療を受診したとき、待合にいたら、たまたまトイレに行ったらしい先生をお見かけして。

休診日も、こうやって交替で、地域の健康を見守ってくれているんですよね。

先生にも、小さいお子様がいらっしゃると聞いているので…。ありがたいことです



メディカルアロマ「ママ&チャイルドセルフケアセラピスト」資格講座

開催スケジュール一覧
アクセス
アロマのディープな話題マン「見えるアロマと効くアロマ」
アロマ専用無料メルマガ「秘密の香庭」読者募集中
スポンサーサイト

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 MoaMoa Mommy*さいたま市のアロマセラピー* all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.