FC2ブログ
MoaMoa Mommy*さいたま市のアロマセラピー*
セラピスト・講師・アロマ好きを応援します!さいたま市のアロマセラピー講師がつづるお仕事と日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「介護」の2文字が、目の前にやってきた!
こんにちは。さいたまのアロマセラピーコンサルティングサロンMoaMoa Mommy(モアモアマミー)です。



今日は、同居している82歳の義父を入院先の病院から退院させ、そのままショートステイの施設へ入所させてきました。

ちょっとしたミスもあり、家を出てから戻るまで5時間。疲労しまくった1日でした。

実は、義父は1月に心不全で入院。肺の状態もよくない(間質性肺炎)ということでしたが、約2週間で退院。少しずつ体調もよくなり、ホッとしていたのもつかの間。

あれよあれよという間に悪くなり、トイレに立つのがやっと、という状態に。明日の朝、病院に行こうという話になっていた矢先、夜中のうちに苦しみだし、救急を呼んで一命は取り留めました。肺炎を起こしていたようです。

このまま死んでしまうかと思うほどでしたが、治療も終息し、ボンベは必要ながら退院できるレベルになったのですが…。

1か月以上に及ぶ入院で、立てなくなってしまいました。

でも、本人は「家に帰る」の一点張り。

いきなり家に帰っても、トイレに行けない人の受け入れは無理だから、ショートステイでリハビリしながら、帰宅に必要な準備をするまで待つようにという看護師さんの言うことにも耳を傾けないとのことでしたが。

私も病院へ行き、なんとか「がんばる」という言葉を引き出し…。

そこからは、ケアマネさんのご尽力もあり、とんとん拍子にショートステイの受け入れ先が決まり、退院日が決まり…。

こんなことは、2018年が明けた時点では、まったくの他人ごとだったので、いつかはそういうことも・・・と思いつつ、まさかこんなタイミングでこようとは、想像していませんでした。

当然ながら、どうしてよいやら全くわけのわからない状態でしたが、病院とケアマネさんの連携で、必要な手続きや準備をお膳立てしてくださり。

酸素ボンベをお供に、入所することができました。

ケアマネさん、酸素の準備をしてくれたTEIJINさん、介護タクシーの方、ショートステイ施設の方。

みなさんが、本当にプロフェッショナルで、優しくて・・・感動しています。

みなさま、よろしくお願いいたします。

さて、ここからが肝心。ショートステイは、家に帰って、1人でトイレ(最低ポータブルトイレ)に行けるようになることが目標です。

わがままを言わずに、しっかり食べて、リハビリを頑張ってくれますように。

お目付け役は、小3の娘、義父にとっては生まれたときから一緒に暮らしている愛する孫の額入りメッセージつき写真。

テレビの横に立ててきました。

また、一緒に家で過ごせるように、本気で頑張ってね!!!!

と、しつこく言い聞かせて帰ってきました。

あれから数日、時々電話はかかってくるけど、どうしているのか。

そして、帰宅後、どうなるのか…。未知の世界です。



除虫菊の蚊取線香」教室を開きたい!

植物素材の日焼け止め」教室をしたい!

アロマの秘密のメルマガを受取りたい!

ディープなアロマ情報を読みたい!

メディカルアロマ「セルフケアセラピスト」になりたい!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 MoaMoa Mommy*さいたま市のアロマセラピー* all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。